読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ぼくは麻里のなか』ネタバレ【ちょっとエッチっぽい】

おはようございます。

マンガの池、ポカリです。

 

最近の楽しみは

布団の中でスマホでマンガを読むことです。

 

布団から出るのが

なかなかしんどくなってきました。

 

今回ご紹介するマンガはこちら。

『ぼくは麻里のなか』

 

暗い主人公の大学生の男の子と

見知らぬ女子高生の体が入れ替わる

ちょっとエッチっぽい不思議なマンガです。

 

⇒まんが王国はこちらから

 

あらすじは以下に続きます。

 

ーーーーー

 

大学生の暗い主人公の功は

上京して3年

 

だが友達ができず

家でいつもゲームとオナニーに明け暮れています

 

大学なんか全然行っていない

 

最初は行っていました

 

しかしある日、功は気づいてしまったんです

 

友達がひとりもいない

 

(フツウナラココデワラウトコロデス・・・)

 

まずいまずいまずい

 

乗り遅れた乗り遅れた乗り遅れた

 

どうしようどうしようどうしよう

 

ある日

 

まるで誰かが

 

ぼくの足をすごい力で

押さえつけている

みたいだった

 

それからぼくは

 

大学へ

行くのをやめた・・・

 

・・・

 

・・・

 

ーーーーー

 

切ない!笑

せつないせつないせつない!!!

 

ヒマヒマヒマヒマ

ただひたすらヒマ!笑

 

そんな功の楽しみは

毎日夜9時なると

コンビ二を出入りする

女子高生をみつけます。

 

功は彼女を

コンビニの天使を名付け

帰りをつけていくのを日課の楽しみにします

 

(カンゼンニストーカーデスネ・・・)

 

天使・・・

 

天使だ

完全に・・・!!!

 

朝眼が覚めると・・・

 

続きはまんが王国へ

⇒まんが王国はこちらから

『ぼくは麻里のなか』で検索してみてね。

 

最後に・・・

ストーカーはオススメできません。笑